カンジダ菌と呼ばれる常在菌がホルモンバランスの乱れなどにより発症するものがカンジダです。再発頻度も高いので、気をつける必要があります。

  • ホーム
  • カンジダ膣炎の病院での検査方法とは

カンジダ膣炎の病院での検査方法とは

性器が痒い・おりものがドロッとして異臭を出すようになった・性行為を行うときや排尿時に痛みを感じる、このような異変があればカンジダ膣炎になっているのかもしれません。
女性の5人に1人は発症すると言われている身近な疾患です。

性器に発症するとはいえ性行為が感染ルートとなることは稀で、性感染症とは言えません。
この病気の元となるカンジダ菌という細菌は常に人間の身体に存在している常在菌です。
ストレスや生活習慣の悪化などにより免疫力が低下した際に増殖して悪さをすることで起こるのです。
そのため、特に決まったパートナーがいなかったり、性行為未経験の方でも異変を感じたら早めに病院に行くことをおすすめします。

婦人科、または産婦人科に行きましょう。
検査方法としては、カンジダ菌が増殖しているかどうかを検出するのです。
具体的にはカンジダが体内で作り出している物質を測定することになります。
おりものを取り、培養したり顕微鏡で調べたりするのです。
もしも発症していた場合には、オキシコナゾール硝酸薬などの抗真菌薬が処方されることになるでしょう。

カンジダを女性が発症していた場合、パートナーの男性も感染していることはよくあることです。
男性の場合には亀頭にかゆみやただれ・水疱などがでます。
放っておくと菌が尿道の方まで入り込んで尿道炎を起こすこともあります。
そのため同じく早めに検査するのがおすすめなのです。

とはいえ、一緒に婦人科に行くのは抵抗があるもの、女性は恥ずかしいという思いが強いでしょう。
だからといって放っておくのは危険です。
その場合は病院に行かなくとも最近では自宅で検査キットを取寄せて調べることも可能です。
男性であれば尿を、女性の場合は膣分泌液を所定の入れ物に採取して検査所に送り返せば、検査結果を教えてもらえます。

増殖した菌は抗真菌薬を使って抑えないと自然に落ち着くことはありません。
膣炎の検査とはいえ膣そのものではなくおりものを見るだけですから、とにかく何らかの方法で感染しているかどうか早く調べましょう。

性器が痒いのにカンジダじゃない!細菌による膣炎とは

性器がかゆいのにカンジダじゃない、というケースがあります。
カンジダ膣炎なのかはクリニックで検査を受けることですぐにわかりますし、検査方法も簡単ですので性器にかゆみを感じた場合には病院に行って調べるのが得策です。
しかし、病院で検査を受けたらカンジダではなく別の膣炎だったという事も少なくありません。

性器にかゆみをもたらす膣炎は、カンジダだけではありませんし、かゆい以外に織物に血が混じるなど、カンジダとは違う状態になっているケースでは、真菌ではなく細菌によるものかもしれません。
性器が痒いと感じる理由としては真菌が理由になっているケースが多く見られますが、検査をしてみたら真菌ではなくて細菌によるものだったという症例は多く見られます。

性行為による感染が発祥の理由となることが殆どですし、性交によって異性に移してしまうこともありますので細菌が発生して膣の痒みがあって病院で治療を受けているときには性交は自粛する必要があります。
又、性交の相手にも感染している可能性が高いですので同時に治療をして完治させるのが重要です。

細菌による膣炎は、カンジダ膣炎よりも重症化しやすく、頻尿や排尿の際に痛みを感じることもある病気です。
25%の人は膣にかゆみが出ることが無く気が付かないことが多いため、知らずに相手に感染させてしまうことがあるのが特徴です。
内服薬を服用することで完治させることが出来る病気ですので、知らないうちに相手に移すことのないよう注意が必要です。

膣にかゆみが無いのに感染している場合、公衆浴場などで知らないうちに他人に移すケースもありますので、膣が痒いなどあやしいと感じたら婦人科を受診して検査を受けましょう。

関連記事