カンジダ菌と呼ばれる常在菌がホルモンバランスの乱れなどにより発症するものがカンジダです。再発頻度も高いので、気をつける必要があります。

  • ホーム
  • カンジダ膣炎感染中にしてはいけないこととは

カンジダ膣炎感染中にしてはいけないこととは

パソコンを使用している女性

女性の5人に1人はカンジダ膣炎に感染すると言われており、身近な疾患です。
その元となるのがカンジダ菌という真菌です。
これは元々人間の身体に常にいる常在菌で、特に性器付近に多く存在しています。
免疫力が低下したときなどに異常増殖することで、性器の痒みやおりものの異常などを引き起こすのです。

もしも感染した場合には早めに病院の婦人科を受診してください。
軽度であれば自然治癒することもあるものの、大抵は放置しておくことで菌が更に増殖し悪化していく一方です。
悪化してしまうと慢性化したり、排尿障害など引き起こすこともあります。
患部をキレイに保つと共に、抗真菌薬を使って菌の増殖を阻害・殺菌するしかないのです。

カンジダは正確には性感染症とは言えません。
性交渉で感染するのは稀で、ストレスや寝不足などで免疫力が下がることで自身の持っている菌が増殖することで発症することの方が多いからです。
とはいえ、相手に移して同じように苦しませないためにも、感染中は性行為はやめておきましょう。
女性に多い疾患ですが男性も感染しないわけではないのです。
普段どおりに洗っているつもりが、性器の辺りから白いカスが出てくるようになったら要注意です。
そのまま放置していると尿道の方に菌が進入していって尿道炎になることもあります。
カンジダ菌を含め、性感染症の元となる真菌や細菌は直接接触することで感染することも多いため、日頃からコンドームを使うように心がけるようにもしましょう。

たとえ性行為をしていなくても、感染者とタオルを共有することでも感染することがあります。
免疫力が低下しているときには疲れを癒そうと温泉旅行に行くのは禁止です。
どんな病気をもらわないとも限りません。
日頃から下着を清潔に保つ・規則正しい生活で免疫力を低下させない、などの努力もしてカンジダを増殖させないようにしましょう。
もしかしてというときには早めに病院にいって適切な治療をすることが大切です。

カンジダ膣炎になったらどんな病院に行けばいいか

カンジダ膣炎は、カンジダ菌に感染することで起こりますが、もしその可能性が生じた場合には、婦人科を受診します。
確かに軽度であれば感染したとしても自然治癒するものですが、そうでない場合は放置すると菌が増殖して悪化していきます。

悪化した場合は慢性化や排尿障害などを引き起こしてしまいますから、放置は禁止するべきで、気になったら早めに病院に行きましょう。
どの病気でもそうですが、早期発見、早期治療が健康回復のために必要不可欠です。
たとえ治療の必要がなかったり問題がなかったりしたとしても、病気になっている可能性を放置するリスクよりも、確実に医師の診断を受けて結果をはっきりとさせた方が安全です。

予防としては、陰部を衛生的に保つことや、生活を規則正しく行うことなどが重要です。
カンジダ菌は常在菌であるため、健康な体でも存在しています。
免疫力が低下した時に感染しやすくなりますが、免疫を高めるためには健康的な生活を心がけることが重要となります。
もちろん、いくら気を付けても感染してしまうことをゼロにはできませんから、なってしまう恐れがあるならすぐに病院の婦人科へ行き、治療をしてもらいましょう。

婦人科を選ぶ際には、評判を加味してどこにするか決めると良いです。
やはり、病院といっても医師によってスキルが異なります。
また、スキル以外にも医師の対応能力といった側面は、患者にとっては重要となります。

これらを評判で調べて、良さそうなところを選ぶと良いです。
ただ、カンジダのようにはっきりとした病気の場合は、あまり医師によっての治療の方針の違いはない可能性もありますから、行きやすいところに行くというのでも問題はないかもしれません。

関連記事