カンジダ菌と呼ばれる常在菌がホルモンバランスの乱れなどにより発症するものがカンジダです。再発頻度も高いので、気をつける必要があります。

  • ホーム
  • 性交痛があるときは性病を疑うべき

性交痛があるときは性病を疑うべき

性病は様々なルートで感染します。
性交の際にうつる、プールや温泉など不特定多数の人が利用する場所などでも感染します。
また性病になっている方とタオルの共有などでもうつることはあります。
このような中で一番うつりやすいのが性交です。性交によって感染する性病を性感染症と言います。

性感染症は現代においてとても増加している統計があります。
うつってしまう、うつしてしまうということは避けなければならないことでもあります。
異変を感じた時には性病を疑い、きちんとした診察、検査治療が必要になります。
もし放置してしまうと痛みやかゆみなどの不調の他、不妊症のとなってしまうこともあります。
そして重篤化してしまうと母体から赤ちゃんへ感染してしまうことすら起こる可能性が出てしまうのです。

性病は特に女性には異変を感じることが多いものです。
男性はよほどひどい状態になるまで気づかないことが多いのです。
女性の陰部の構造は複雑であり、尿や便だけでなくオリモノや生理なども排出される部分であるので不衛生になりがちです。
性病でなくても蒸れやかぶれなどでかゆみや痛みを起こすことがあります。

性病とその他の要因かわかりづらい部分があるものですが、いつもと違うと感じるのが性交の際ということがあります。
いつもにない性交痛があるということは、性病である可能性が高くなります。
性病の種類はたくさんありますが、多くの状況として陰部の激しいかゆみ、ヒリヒリとした痛み、性交痛はとても辛い場合も多いです。

またオリモノにも変化が起こります。量が増えて臭いが酸味のあるようなきつい臭いになります。
男性が感染しても自覚がない事が多いので、気づかずままにうつしてしまうことも多いと言えます。
女性には異変が出やすいので、性交痛が起こる場合にはその行為を中止にするべきです。
相手にうつさないことは感染が蔓延することを防ぎます。
感染する前に、正しい知識と、予防する行為、治療する勇気がとても大切なのです。

性交痛がある時は行為を中止しないと不妊に!?

性病は当然ながら男性も注意すべき病気ではありますが、女性の場合性感染症を放置しておくと最悪の場合不妊になってしまう恐れがあります。
連日性行為を繰り返すなどで膣が痛んでいる状態だけでなく、膣が健康だと自身で判断できる状況でも性交痛を感じたようなら即座に止めるといった対処が必要になってくると言えるでしょう。
不妊症の要因も性感染症と同じで様々なものがあるのが実際のところですが、性病が元で完全に赤ちゃんが産めなくなってしまったという女性はニュースなどで報じられていないだけで毎年何十人といるのが実情です。
陰部のかゆみや発熱などと同様に性交痛も自身が性病に感染したのではないと判断できる重要なファクターなので、痛みという違和感を大切にして男性側に嫌われてでも一時的に性行為を中断する勇気を持つようにしてみましょう。

万が一性病を患ってしまったとしても、重症化する前に病院や自宅などで適切な治療を施せば妊娠できる状態のままで完治します。
大切なのは性感染症を重症化させないことと、性交痛が伴っているのに性行為を繰り返すなどといった無茶をしないことだと言えます。
セックス依存症などで性行為が日常の一部になっている方でも、性病を治すほうが優先順位としては高いものと捉えておきましょう。
子供が産めなくなってしまってから治療を受けても遅いからです。

性行為を中止した後にとるべき対応策としてはご自身が性病に感染しているのかのチェックを行うことだと言えます。
病院に行かずとも尿などから個人で性病に感染しているかを確認できるキットなどがインターネット経由で取り寄せられますので、性交痛がある方はまず健康状態の確認から行うことを推奨します。

関連記事