カンジダ菌と呼ばれる常在菌がホルモンバランスの乱れなどにより発症するものがカンジダです。再発頻度も高いので、気をつける必要があります。

  • ホーム
  • 性感染症であるクラミジアの症状と原因

性感染症であるクラミジアの症状と原因

考える女性

性感染症にはさまざまなものがありますが、感染者が多いものとしてクラミジアが挙げられます。
感染者と直接的に触れることにより感染します。性行為より感染することはもちろんですが、オーラルセックスなどでも感染する可能性があります。
つまり、感染する部位としては性器だけでなく喉なども挙げられます。

クラミジアに感染することで起こる症状は男女で異なります。
男性の場合、まずは尿道に違和感が起こります。排尿時に灼熱感や痛みなどを感じるようになります。
これは尿道が細菌により炎症を起こしているからです。
尿道の先端から透明な膿が出ることもあります。
朝起きたら下着に膿が付着していることがあります。
そのままにしておくと前立腺や精巣上体にも感染します。
そうすると睾丸が腫れて高熱や痛みを伴うことになります。

女性がクラミジアになると、まずは子宮頚管に影響を及ぼします。
つまり、子宮頸管炎を引き起こします。それによる症状としてはおりものの量が増えることです。
さらに子宮頚管に炎症を起こしていることから、おりものに膿が混ざります。
そして臭いがきつくなることがあります。
さらに細菌が体内に進むと子宮内膜なども炎症を起こし傷つくことにより不正出血が見られることもあります。
女性は男性の場合と比べて症状が出ないことが多いので気づかずに進行しているということもあるので注意が必要です。

クラミジアは性行為が主な原因ですが、感染者の体液などには細菌が付着しています。
そのため、直接的な接触がなかったとしても、感染者が使用したタオルを使用することで感染することがあります。
タオルを使用する場合、目などの感染するリスクがあります。
目に現れる症状としては目やに、充血などが挙げられます。
喉にも感染する可能性があり、その場合咽頭炎を発症します。
いずれにしても風邪などの症状と似ていることから、気づかずにそのままにしておく、あるいは誤った治療をしてしまう可能性があります。

ジスロマック(アジスロマイシン)の効果とは

クラミジアの原因は細菌であることから、治療においては抗生物質を投与する薬物療法が選択されます。
つまり、体内に入り込んだ細菌を死滅させることがポイントです。
そのため、処方された薬剤を自己判断で服用を中止したりすることがないようにすることがポイントです。

クラミジアの治療においては抗生物質のひとつであるジスロマックが処方されることが多いです
ジスロマックはクラミジア専用の薬ではなく、歯周病など細菌が原因で起きるさまざまな疾患でも使用されています。
ジスロマックの成分であるアジスロマイシンが体内に入り込んだクラミジアの原因菌を死滅させることで治療を行います。

クラミジアの治療においては原因菌を一気に死滅させることがポイントです。
そのため、医療機関においては一回だけ多めのジスロマックを飲み、経過観察を行うという治療が一般的です。
アジスロマイシンは一度血液中に入り込むと一週間程度効果を発揮します。
そのため、一気に治すことが可能となります。
もちろん症状が重い場合や、効果が見られない場合には他の方法が選択されます。

ジスロマックは副作用が少ない抗生物質としても知られています。
起こる可能性のある副作用としては下痢や腹痛です。
胃が弱い人の場合、一気に服用すると負担となることも考えられるので、その場合には複数回に分けて服用します。

ジスロマックを投与して数週間の経過観察を行います。
その後、医療機関においてクラミジアの原因菌が死滅しているかを確認します。
これで死滅していることが確認されれば完治したものと判断されます。
つまり、症状がなくなったからといって自己判断で性行為などを開始するのではなく、完治をしっかりと確認することが大事です。

関連記事